脱毛サロンで施術を受ける場合の痛みやその効果を知る

現在、日本国内で行われる脱毛には、医師免許等を持つ医師によって行われる医療脱毛と、エステサロンに在籍するエステシャン等が行うエステサロン脱毛に分ける事が出来ます。

しかし、初めて脱毛を受ける場合、その痛みがどの位なのかが判らず脱毛を受ける事を躊躇している方も多くおります。又、痛みを我慢しながら受けた脱毛の効果がどれ位の物で有るか良く理解出来ていない事も、脱毛を躊躇してしまう要因と言えます。

そこで、今回は脱毛サロンで脱毛の施術を受ける場合の痛みがどの位なのか、脱毛する部位や脱毛方法別の痛みの感じられ方、更に脱毛の効果等について確認し、安心して脱毛を受ける事が出来る為の理解を深めておきましょう。

先ず脱毛する部位によって感じられる痛みが異なる事を理解しておく事が大切です。人の身体の中で痛みを感じ易い部位の特徴は、皮膚が薄く皮下脂肪も付き難い部位で有ると言えます。又、繊細な神経が多く通っている部位も脱毛の痛みを感じ易い部位で有ると言えます。

具体的な部位としては、顔の中では眉毛の周りや鼻の下等産毛が比較的多い場所、うなじの周りや脇の下等の普段は余り刺激を受け難い部位、腕では肘の下側の皮膚の薄い部位、脚では膝から下の脛の部位、更に手や脚で思いの他痛みを感じ易い部位としては、手や脚の指の甲の部分等を挙げる事が出来ます。

これらの部位に共通している事は、薄い皮膚や指先等で有る為の繊細な神経が通っている部位と言え、脱毛の際にはどうしても痛みを感じ易い部位と言えます。

又、近年女性を中心に関心が高まっているVIO脱毛の場合、脱毛を行う部位が身体の中でもデリケートな部位である事も有り施術の痛みを感じ易いと言えます。VIO脱毛で痛みを感じ易い部位としては、ビキニラインの脱毛を行うV脱毛やI脱毛時の痛みは比較的強い痛みである場合が多く見られます。

一方、脱毛の施術で痛みを感じ難い部位としては、顔の中ではほほの周りや胴体で言えばお腹周りや背中、更に腰からおしりに掛けても比較的痛みを感じ難い部位と言う事が出来ます。

これらの痛みを感じ難い部位の特徴としては、皮膚が厚く皮下脂肪が多く付き易い部位である事が判ります。その為、VIO脱毛のO脱毛で有れば痛みを感じ難い部位の脱毛で有る事が理解できます。次に脱毛の方法別の痛みの感じ方について調べて見ましょう。

光脱毛の痛みに関して

現在、脱毛サロンで行われる脱毛方法の多くは光脱毛と呼ばれる方法です。この光脱毛に使用される機器は各サロン毎に異なる場合が多く有りますが、基本的な脱毛の施術方法はどの脱毛サロンでもほぼ同じです。

又、医療脱毛に比べると脱毛サロンで使用されている脱毛部位に照射される光の力を弱くして有る為、比較的痛みは弱いとされており、その表現は「輪ゴムでパチンとはじかれた感じ」と表現される事が多く有ります。この事から、脱毛サロンで施術を行うので有れば、極端に痛みを気にする事も無いと考えます。

但し、痛みの感じ方は個人差が有る為、脱毛サロンで行われているトライアル等でその痛みの度合いを実感して見る事もお薦めの方法で有ると言えます。

更に、脱毛サロンによっては痛みを和らげるクリームを塗ってから脱毛の施術を行う等の対策を行ってくれる場合が有りますので、施術を行うエステシャン等に相談して見ましょう。

次にせっかく痛い思いをしながら行った脱毛の効果について調べて見ましょう。
医療脱毛の場合、医師免許を持つ医師によって施術が行われますが、その分痛みも強いと言われておりますが、その分脱毛の効果は高いと言われております。一方、脱毛サロンで行われる光脱毛の場合、脱毛部位に照射される光を弱くして有る為、脱毛の効果を感じる迄に期間が掛かると言われており、一般的には1.5年から2年程脱毛の施術に通う事が必要で有ると言われております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする